日本の福袋

福袋(ふくぶくろ)とは、年始(正月)の初売りなどで、色々なものを詰めて封をして販売する袋、
またそれを選び取らせること、そしてその商形態を指す。

年始(実際は初売り前後から)に、百貨店を中心としたさまざまな業態の店で販売され、袋の中に何が入っているか伏せられていることをコンセプトとする。ふつう、組み合わせた商品の合計価格以下で販売されるため、購入者は有用で豪華な内容であるかに期待する。つまり幸福・幸運を引き当てることができる可能性、すなわち、射幸心を煽る商品であると言える。

しかし、福袋は客寄せの目玉商品であると同時に、その多くは店側の在庫処分的性格も有しており、価格以上の商品が入っていたとしても、売れ残りや不人気商品で埋められていたりする場合があり、そういった福袋は、インターネット上で「鬱袋(うつぶくろ)」「ゴミ袋」[3]などと揶揄される。また、店側も自虐的に「不幸袋」や「不吉袋」などと称するケースもある[4]。

近年(平成以降)は、袋の素材が透明で中身が見えるもの、あらかじめ内容が公表されているもの、指定された商品群からの選択性になっているものなど、元来のコンセプトから外れた福袋も見られる。特に、貴金属のような高価な品物は、客寄せのためにショーケースに展示して販売されることがある。また、大きな家具・家電製品、旅行、不動産、リフォーム権、自動車、学校や自動車教習所の受講権、見合い、等々、袋に納まらない・納めるような種類でない商品も「福袋」の名で取引されている。

このような福袋の多様化は、名称や販売時期にも及んでいる。一部の家電量販店において、「お年玉袋」等の名称で販売されている。また特にネットの店舗では、時節を問わず販売する店も少なからずある。たとえば楽天市場では、福袋というサブカテゴリーを1年中表示しているほどである。

景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)では、一般懸賞における景品類の最高額および総額について、最高額は販売価格が5,000円未満の場合20倍まで、5,000円以上の場合10万円まで、総額は売上予定総額の2%までと定められている[5]。しかし、景品を付ける形ではなく、組み合わせた商品の合計価格以下で販売する形(値引)であれば、「正常な商慣習に照らして値引と認められる経済上の利益」であるので景品表示法における景品類には該当せず[6]、最高額および総額の規定は適用されない(ただし、値引の内容や程度によっては不当廉売に該当する可能性がでてくる)。

 

 

福袋營銷是日本的百貨公司於新年時的一種營銷方法。
商家將多件商品裝入布袋或紙盒中,進行搭配銷售,
這種袋子或者紙盒也被稱為「福袋」。
這種銷售方法據說源自明治末期東京銀座的松屋百貨公司。

通常的福袋內容都不會事先公開,但商品均屬於大致一個類型。
例如家電商場售出的數位相機福袋中,往往會在數位相機之外還帶有其他小型家電。
從價格而言,福袋中的商品價值一般會高於其標價。例如售價1萬日元的福袋可能會裝入標價為8、9萬日元的商品。

對於消費者而言,福袋相當於商場打折優惠,而且在購買時對於福袋內商品的期待感也非常有吸引力。
部分消費者也許會因為得到意料中的商品而滿意而歸,但也有部分消費者會因為拿到根本不需要的商品而懊喪。
因此有些評論也認為福袋其實是一種變相賭博。從商家的角度考慮,福袋不僅可以吸引消費者,而且也帶有處理庫存積壓商品的目的。

儘管原則上福袋內容不會公開,但近年來許多高價的福袋如珠寶首飾或者高檔家電等,
會事先公開搭配銷售的商品,或者會給消費者以一定的選擇權。
此外,為了滿足消費者了解福袋內容的需求,部分商家也會推出透明的福袋。

此外,汽車等大件商品或者旅行團等無形商品無法裝入袋中銷售,
而以兌換券取代實物裝入袋中。

在年初如果運氣好,搶到想要的福袋的話,
就可以省下一年之中大部分的治裝費(服裝或者電腦裝備等)喔^^
搶福袋也算是一種省錢之道呢^^

日本最大級のフリーランス総合支援サービス【Freelance Basic】