日本での長距離移動、バスが一番安い!

国内旅行における交通手段としては、主に飛行機/新幹線/高速(夜行)バスの3つがあります。

私も一人旅の際には、これら交通機関を比較検討してどれを利用するか決めますが、どれもメリットとデメリットがあるのは確かです。

旅行先や旅行人数、予算によってもどれが良いかは異なるので、まずは各交通機関の特徴を理解しておきましょう。

今回は、その3つの乗り物のメリットやデメリットについて解説していきます。

飛行機で行くメリット・デメリット

飛行機で行くメリットは「安くてそれなりに早い」でしょうか。
LCCを使って、直前に予約するというわけでなければ、かなり安く行けます。
最も安いのはジェットスターでしょうか。
時期にもよりますが、3,400円ぐらいから9,000円ぐらいの間で乗ることができます。
格安航空券 | 飛行機 予約 | ジェットスター ジェットスター
ただ、成田空港からしか乗れないので、成田空港までと行き先の空港から行き先までの交通費も兼ねることを忘れてはいけません。
一番楽ではあるのですが、新宿駅や東京駅から成田空港への直行できる成田エクスプレスを使うと3,000円ほどかかってしまいます。
オススメは、東京駅から成田で直行できる京成バスで、これを使えば900〜1,000円ほどで済みます。

新幹線で行くメリット・デメリット

新幹線を使う最も大きなメリットは「早くてラク」ということでしょう。
ただし、飛行機や高速バスに比べて高額になります。
時期によって多少変わりますが、飛行機より交通費が3倍も高い時期もあります。(特にお盆)
ただ、移動時間が4時間ほどかかってもいいなら、ぷらっとこだまというJR東海ツアーズが提供している
格安チケットを使うと1万円ほどで新幹線(こだま)に乗れます。(ただし事前予約が必要)

高速バスで行くメリット・デメリット

高速バスを使うメリットは「激安」なことです。
乗るバスや予約する時期にもよりますが、最低2,000円あたりで大阪へ行けます。
ただし、長時間バスに乗り続けることになりますので7〜8時間ほど乗ることになります。
腰痛持ちや体が大きい人はなかなか厳しい環境になることは覚悟しなくちゃ行けません。

只要有在日本留學過或是來日本自助過的人,相信對於「夜行巴士」一詞並不陌生。
「夜行巴士」顧名思義就是夜間行走的巴士,由於日本幅員廣大,
縣與縣之間的交通時數動不動就幾個小時上下,
如果坐新幹線或者飛機花費則又太貴,而且並不是所有縣市都有新幹線經過,
加上各地的機場都幾乎離市中心非常遠,
如此一來,夜行巴士就成了非常理想的移動方式。

當然,有人會擔心夜間開車的安全以及司機會不會打瞌睡的問題。
除非是短距離的夜行巴士(如東京至名古屋),正常的情況下都會有兩名司機輪替開車和休息。
另外每開一段時間或距離,巴士都會停靠服務處休息一陣子再上路,因此可以大幅減低事故的發生。
而且女性朋友如果要搭乘夜行巴士也不用擔心安全問題,
日本人有個很貼心的習慣,就是一定會男女座位分開(除非是男女一起預約),
所以不用擔心會有旁邊坐男生的問題。

搭乘夜行巴士有許多優點,如:

1. 比起新幹線跟飛機,夜行巴士的價錢比較平易近人。
但如果是長距離(如東京到九州或者北海道),可以利用日本當地的廉價航空(LCC)會比較便宜喔!

2. 因為是在巴士內睡覺,所以可以省去一晚的住宿費。

3. 正常情況下,都會一大早抵達目的地,因此有更多的時間可以拜訪更多的景點。

當然有優點就會有缺點,因為是在顛簸的車上睡覺,
因此有可能會有睡不好的情況發生。
而且如果遇到坐在你旁邊的人會打呼的情況下,就更是糟糕。
所以說夜間巴士比較適合年輕人,才比較能夠在睡不好的情況下還能夠有精神的過一天^^”
不過現在比較貴一點的夜間巴士(也還是比新幹線跟飛機便宜很多)也有設計出很多不錯的座位,
大家有機會可以試試看

省錢特派員幫大家整理了日本當地幾個比較有名也比較便宜的巴士網站
可以在這幾個之間搜尋比較一下喔^^

夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

サンシャインツアー

高速バスなら気軽にお出かけ!格安予約なら【バスリザーブ】

這樣一年省下來的交通費
都可以買一張台灣日本來回機票喔^^
省錢特派員在這邊祝福大家都能夠平平安安出門,快快樂樂回家^^

スマホで撮るだけ、車が売れる