11月23日、勤労感謝日で感謝されましょう!

大家都很期待11月23日這一天的假日吧!
11/23是日本的勤勞感謝日,
雖然看起來跟台灣的勞動節有異曲同工之意,
是感謝勞工的日子,但是日本的勤勞感謝日的由來可不一樣喔^^

この祝日は固定された日で、毎年11月23日と決まっています。
そんな勤労感謝の日はとても大きな由来や意味があり、
その歴史はとても古く重要な日でもありました。
でも、意外と勤労感謝の日について知っている方は少ないようです。

また、この勤労感謝の日は「新嘗祭(にいなめさい)」へと名称を変えるべきだという声も上がっています。
それは日本の宮廷行事と大きな関係を持っていました。
そこで今回は、この勤労感謝の日が制定された歴史を知るために、
その由来や意味、祝日となったワケについてまとめました。

「勤労感謝の日」の本来の意味は、「新嘗祭」なので、神社のイベントを中心にあげました。
大きな神社では「新嘗祭」をやっているところが多いです。
この新嘗祭とは、それぞれの漢字に分けて注目すると

「新」:新穀
「嘗」:ご馳走

という意味を持っているので、新穀というご馳走に感謝する祭日ということがわかりますね。

名前が表すように、五穀の収穫を祝い神様に感謝する、
とても大切な行事として古来から日本に存在していた行事なんです。

そして、この行事の中では、毎年天皇陛下がその年の新穀を神殿にお供えをして、
農作物の収穫を神様に感謝し、そして自らも食す儀式でありました。
この新嘗祭は現在も皇居のほか各地の神社で行われています。

看到這邊,大家應該就知道這一天,
主要是為了感謝老天爺給飯吃的日子了吧!!
所以,在這一天各地的神社都會舉辦一些活動
包括祭典甚至有免費試吃以及遊玩的活動,
大家可以搜尋一下住家附近的神社有沒有辦類似的活動來參加
不但可以省錢,也可以感受日本的節慶假日喔^^

不只神社,很多商場或者餐廳也都會在這天祭出各種優惠,
大家可以多注意一下喔^^